保険診療の白内障治療こそ、
施設選びが重要です。

白内障こそ施設選びが重要です

白内障手術はただ安全に手術するだけではもう時代遅れです。より良い結果が求められております。

それには白内障の手術は手術後、乱視を矯正しなくてもよく見えるようにすることが必要です。従来のやり方では充分満足のいく乱視を矯正できなかったため、手術後不満の方がいました。最近、手術器械装置のさらなる改善により、乱視のコントロールと、手術後焦点位置のコントロールがよくなりました。

本院では毎年2,000人近い白内障手術をしておりますが、そのうち30%以上の方に乱視矯正しております。
乱視矯正していることにより快適な日常生活を取り戻すことができます。

白内障手術の方法は、以下のように行っています。

保険診療の白内障治療こそ、施設選びが重要です。

白内障手術は、ただやるだけ(濁りを取るだけ)の旧態の手術法と異なり、制度と安全性が高い測定機器・手術装置を用い、乱視も殆どコントロールできる手術となっております。
また、高度医療も積極的に行っております。

白内障手術を受けるために
必要な確認事項、判断基準

不確かな口コミに惑わされないために、白内障治療をご検討の方は下記をご確認ください。

通常の白内障手術は、正しく実施されれば外来手術(入院無しの日帰り手術)で十分な安全性が確保できます(※術後は経過観察が必要です)。

全身管理が必要な状態に限り、総合病院の平和台病院にて、入院による白内障治療を行います。(当院の院長が執刀します)

術後感染症を多発させてしまう施設や、利益を優先する施設では、無駄な入院を強要されることもあるので、注意が必要です。

全ての条件を満たしている当院では、高い安全性と高精度を実現しています。

当院の進化した機器・設備など

当院では、患者様一人ひとりの目の状態を検査し、より正確な情報獲得に努め、より精密で安全性の高い進化した機器を駆使し、患者様のQOL向上のパートナーとして努めます。

以前に白内障手術をして
良好な結果を
得られなかった方へ

当院では以前白内障の手術をしたのにもかかわらず、屈折誤差により乱視、不同視等により困っている方に、特定の施術を行うことで、よりよい視力を得られる効果が期待できます。
Add-onレンズ、フェムトレーザーAK・LRI・タッチアップ(PRK)という方法を施術することにより安全、正確に手術できるようにしています。
これはあくまで限られた患者様にいたします。

当院ではよりよい視機能を目指し患者様に満足いただけるようカウンセリング、説明を充分に行っております。
まずはご相談ください。

以前に白内障手術をして良好な結果を得られなかった方へ

尚、当院で導入のフェムトセカンドレーザー VICTUS™は、アメリカのボシュロムとドイツのTechnolas Perfect Visionの両社によって、それぞれの白内障および、屈折矯正の専門知識を生かして開発した、白内障と角膜の治療を1台で行うことができる革新的な世界最新鋭の眼科用レーザー機器です。 レーシック、老視矯正(イントラコア)、乱視矯正を行うことができ、また、レーザー白内障手術までも行うことの出来る機械で、レーザー白内障手術やレーシックにおける「フラップの形成」で最も高い評価を得ています。 スピード、安全性、精密性において優れており、現在全世界の有名医院にて導入が進められています。